読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲み会を楽しむ

皆さんお酒は好きですか。

私は好きです。たとえビールジョッキ2杯でフラフラになろうが飲むのは好きです。

ただでさえアルコール度数低めのビールの度数を更に下げられ飲みやすくなるシャンディガフは素晴らしい。

 

さて、お酒好きな方たちも会社の飲み会はちょっと…という方が多いように思われます。

会社の飲み会なんて新入社員のうちは非常に割安、場合によってはタダで飲み食いできて、しかも遠慮が必要などころか「若いんだからたくさん食べなさい」と、バカスカ飲み食いするほうがむしろ喜ばれるという人生において数少ないボーナスステージだと思うんですけどどうなんでしょう。職場によるのでしょうか?

下に新しく新入社員が来ればこういう恩恵に授かっていようがいなかろうが今度はおごる側に回るわけで、だったら徹底的に奢られてやろうという汚い魂胆もあったり。

 

飲み会がちょっと…となる要因として何があるか。これはもう個人、職場ごとに千差万別でしょうけども、飲み会での会話が億劫だ~という意見はちょいちょい耳にします。

自分もこれまでのスキル振りを間違えてコミュニケーション能力は微塵もございませんで、最初はやはりなにゆえ勤務時間以外でも会社の人間と顔を合わせなきゃならんのだとか考えていましたが(大変失礼)、なんとなく対処法のようなものが見つかりましてそこからはまあ楽しくなりましたよね。

 

億劫要因のもう一方の雄、二次会も二次会で楽しみようはあるのですが、それはまたの機会に

 

まず、飲み会で振られる会話の最有力候補「好きなタイプは?」これです。

これまじめに答え用途するとしんどい。あまり細かい趣味趣向を滔々と述べれば引かれる、可愛くて~優しくて~みたいな無難な回答も「もうちょいなんかないの」とかいう高難易度系質問へ派生しやすく危険です。

あまり考えると「あれこれ外見でいうと中身を見ない人とか思われるの?」と疑心暗鬼に駆られたり「そもそも人を好きになるってなに?」と哲学的領域に踏み込んだりして場はしらけ自分は至高の袋小路と地獄に片足突っ込む事態となります。

 

しかしこのテの質問をする人は9割方本気で相手の好きなタイプなんて気にしてません。職場でもあんまり話さないネクラ新入社員なんて興味ないからです。「何話していいかわからんけど新入社員を無視すんのも良くないから適当にタイプでも聞いて場を持たせっか」ぐらいに考えてます。

 

ここは思い切って「ん~ちょっと難しいですけど、外見で言えば(任意のAV女優、なるべく有名な人)が好きです」と言います。これはタイプについでよく聞かれる「好きな芸能人は?」に対する回答としても極めて有効です。

 

そうすると「AV女優じゃねえか!!」となり、その後はタイプの話題は吹き飛び好きなAV談義なりなんなり、エロトークへ傾きます。人間やはり良く知らんネクラ社員の好みを聞くより自分の性的嗜好を語りたいものです。

飲み会に女性が多いとかかなり目上の方がご臨席あそばれてるとか、そういうエロが厳しい雰囲気の会もあるでしょう。そんな時役に立つのが元AV女優、元グラビアアイドルといった芸能人の方々です。「✕✕✕✕さんって綺麗ですよね~」ぐらい言っとけば問題ないでしょう。過去がどうであれ芸能人ですから、実際安全です。エロに進んでいいかの判定は先輩社員各位がしてくれるので負けない賭けです。

 

上は一例ですが、まあなんであれ核心として「相手は自分にそれほど興味を持っていない」ことを意識して、他の話題に流れやすい回答をし続けるのがポイントでしょう。古今東西人が話題にするのはエロ話、ゴシップ、昔話(俺の若いころは...)です。週刊誌の中吊り広告を眺めましょう。勤務時間中さり気なく上司の若いころの部署を聞いておきましょう。

 

こういうテキトウ回答を連発して飲み会を渡り歩いてると各飲み会ごとに言ってることが一貫しなくなりますが、気にしてはいけません。毎日飲み会があるなら話は別ですが基本的にある程度の日数はあくと思いますので「あれから○○に目覚めたんすよ」「前はそう思ってましたが考えを改めました」「どうも酔ってたようで…」「記憶にございません」等々言いましょう。男子三日会わざれば刮目して見よという言葉もあります。3日もあれば好きなAV女優が変わっていても当然ということです。

 

「テキトウ言いやがって俺のところの飲み会はそんなに甘くねえんだ」という各位、強く生きてください。

 

上記対応で飲み会の会話のたびにエロ回答してたら上司からAVもらっちゃったぜ。